スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダ

男性の重度の障害者さんのヘルプに入って、ようやく1ヶ月。
最初に同行訪問させて頂いた時は、ただただパニックでした。
まず、時間内にちゃんとシゴトが出来るかの不安
排泄関係、着替え、食事、会話・・・とにかく全てに不安を抱いて
ました。
ようやく1ヶ月が過ぎ、一日の流れも整理できて、ここのコマなら
少しは会話する時間があるなだとか、ここのコマは、
するべき仕事が多すぎて、話す余裕もナイな・・
だとか・・・もう、このコマでは、かなり眠いぞ・・
だとか・・・。


この方は、PC操作も自由にされる。
口でお箸を挟み、器用にキーボードを操作。
買い物なんかも、ネットで注文。
しかし、いつもご覧になっているサイトは、とにかく、
私の脳みそには、到底理解できない難しい内容。
ホンマに、凄い事を調べてはるんやあ・・って、いつも思う。



障害者の活動なども、さかんにされ、とにかく前向きな姿に
感動する毎日。
まだまだ、もたついている私の仕事に、温かい眼差しを感じる
だからこそ、しっかりヘルプしなきゃ・・・と肝に銘じる。
それに、男性の体をここまでヘルプするのも、実際初めての経験。
排泄はもちろん、清拭、シャワーなど・・・。
最初はやはり戸惑ったけれど、陰部なども、しっかり清潔に
しないといけないし。
男性のヘルプして思った事。
後、5センチ私の腕が長かったら、どれだけ仕事がしやすいだろう・・


障害者自立支援法が決定されて、かなりの自己負担だと聞いている。
重度の方は、どうしてもヘルプが必要だし、どのコマも
削るわけにはいかない大切な時間。
起床から始まり、排泄、食事・・・就寝まで・・・。
なのに、制度ばかりが先走り、個人の叫びは届いていない。
悲しい現状


↓ランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ : 現場職員のぼやき・悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

     
プロフィール

えいえい

Author:えいえい
働く母は奮闘中!!
夫・豆太・豆子・小豆に囲まれて
にぎやかに暮らしています~

ブログランキング参加中!ポチッと押してね☆
人気blogランキングへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。